【自ら楽しく!】小学生からのおうち英語 始め方

小学校3年生から英語の授業がはじまり、
意外と周りに英語ができる子が多くて焦っていませんか?
小学生が自ら楽しく英語を身に着けてくれる方法はないか、と考え記事にしてみました!

目次

私と子供の背景を説明

私は学生時代の得意科目が英語で、英語の文法が好きというちょっと変わった学生でした。
高校時代にアメリカの公立高校に一年、大学時代に台湾の大学に交換留学しています。(中国語は日常会話レベルです)
TOEICは990点満点をとったことがあります。
結婚してから、シンガポールに6年間駐在をしていて、その間に娘と息子を産んでいます。

シンガポールにいたこともあり、子供たちには小さい時からおうち英語を取り入れていました。
そのため、本当のことをいうと…
子供がある程度大きくなってから英語を始める方法というのがわかりませんでした
娘が小学生になり、1から外国語(フランス語)を勉強することになりました。
その様子を見て、気づきや、学ぶことがあったので
小学校から外国語を学ぶには、というアドバイスをしていきたいと思います。

英語・英会話を学びはじめる方法

大人が外国語を学ぶときにも、同じようなプロセスですね

STEP
基本的な単語を習得

英単語を見て書いて覚える…ではありません!

英語は日本語と違い文字と発音が一致せず、ルールが複雑なので
むしろ、低学年のうちであれば、英単語は全く見せず英単語を耳で聞いて意味を認識するだけでOKです。
基礎的な単語は、反射的に すぐ口から出てくるくらい定着させることが大事です。
考えてから…うーんと出てくるようなのはあまりよくないです。

STEP
会話のパターンを覚える + Step1で覚えた単語をパターンに当てはめて使ってみる

大人であれば最初は文法・発音・会話パターンから始める、という人もいると思います。
小学生以前の英会話であれば、単語うんぬんではなく「英語の歌」から始めるのが定番だと思います。
(うちの子供は二人とも英語の歌からおうち英語をはじめました。)

小学生の子供には文法や外国語の構造から説明して理解してもらうのは
時間がかかると思います。低学年の子供にはそもそも理解が難しいです。

では、英語の歌。小学生の子供と親が一緒に英語の歌を歌う…結構厳しくないですか?
歌わなくても、その歌を聴いてもらえるかどうかも微妙です。

私が小学生が基本的な単語を習得するところから始めたほうがいいと思う理由と
楽しく学んでもらえる方法を次に紹介します。

1.おうちではまず基本的な単語を習得することから始めよう

その理由は、

単語だけでも簡単なコミュニケーションはとれるから

むしろ、単語がわからないと、挨拶、会話が少しわかっても、
現実世界で自分の言いたいことに応用できないことがあります。

私が言語習得の最初の、最初の時期には単語を覚えよう、と思うようになった経験は2つ。

1.ほぼ中国語の学習経験なしで台湾に留学したこと

私がピンイン(英語でいうアルファベット、簡単なフォニックス)だけ学んだ状態で台湾に留学したことがあります。同級生とは英語喋れたのですが、学校の外では結構苦労しました。語学学校では最初のほうのレッスンで、よく使う単語(名詞100・形容詞100・動詞75)をスパルタで覚えさせられました。根性で覚えた記憶がありますが、これを覚えてから、言いたいことに困ることが減りました。会話もできるようになりました。(めちゃくちゃな中国語だったと思いますが意思は通じていました)

2.娘が小学生からフランス語を学び始めたこと

娘は産まれてから5年間シンガポールで暮らしていたので、いつの間にか英会話ができていて、私が娘に1から外国語を教えるという経験がありませんでした。ですが、娘の入学した小学校でフランス語の授業があり、娘は0から学ぶフランス語に苦戦していました。(みんな初心者なので学校の教え方は間違っていないと思うのですが、一年経って身についていることに差が出ている状態でした)どうにかしないと、と思っていた私ですが、私はフランス語ができません。一緒に勉強することも考えましたが、私が根性で単語を覚える方法は娘にはできそうもありません。フラッシュカードするか…?私が発音する・・・?いや無理。その前に毎日フラッシュカードをすること自体が無理そう…。そこで出会ったのが後述するアプリです。そのアプリのおかげで、ゆっくりとですが、基本的な単語が身についてきているようで、フランス語の授業も楽しいというようになりました。

この二つの経験から、言語習得の最初の、最初の時期には基本的な単語の習得を一番にするといいと思います。

逆に言うと単語がわからないと、文法やフレーズが数パターンわかっていても
応用できないのでつまらなく感じてしまいます。

大人と違い、日常生活で割とよく出てくるカタカナ英語(例えばアーム、フィッシュ)でさえも
子どもは知らないことが多いです。
(子供のお友達と話していてそう感じます。大人ならなんとなくわかる英単語も子どもはわからないものが多いです)

私の娘も基本的な単語がでてこないがために、会話ができないという=授業が嫌、という思いになっていたようです。
なんとか、基礎的な単語だけでもわかれば、伝わるのに…
そういう思いで色々と模索していた時

…見つけました!

基本的な単語学習に最高!STUDYCATのアプリ

Studycatのメリット

  1. A・B・C、英単語が1つもわからない状態でも楽しく学び始められる
  2. ゲーム感覚で純粋に楽しい。ゲームの種類が豊富&ちゃんと考えられてる
  3. 絵が可愛い
  4. 声がしっかり収録されている
  5. 単語がジャンルごとに、基本的な単語がちゃんとカバーされている

なんといっても、ゲームが普通に楽しい
娘に1つゲームをやるように言っているんですが、気が付くと3つくらいやっています。
3つ同じ絵柄を合わせるゲームがあり、類似のアプリゲームのような楽しさがあります。
言語学習アプリの中には、機械音声のような声も多くありますが、子供向けに明るく、はっきりした声が収録されています。

Studycatのデメリット

  1. 有料(アプリから 月額:1080円 年額6400円、公式サイトから加入 月額:1499、年額5999円
  2. 年齢によってはゲーム自体が難しいかも
  3. すぐ英語がわかる、単語がわかる!というように効果が見込めない?
  4. 聞くことがメインで、発音・スペリングはあまり学べない

幼稚園年中までの子どもはゲーム自体が難しくてストレスになってしまうものもあるかもしれません。
例:洋服の名前を学ぶゲームで、犯人捜しのように
・黒の帽子をかぶっている人
・ピンクのスカートを着てない人
と英語で指示があり、それに従う必要がありますが、外国語で言われると結構…難しいです。
そのほか、簡単な神経衰弱のような要素があるゲームもいくつかあります。

アプリで無料体験して、気に入ったらStudyCatの公式サイトから一年契約で支払うと安いですよ!

  • 英語のほかに中国語、フランス語、ドイツ語、スペイン語Verもあります。
    うちの子はフランス語版のアプリをつかっています

Studycatについては、娘が実際にプレイしている動画などと一緒に
別記事でも紹介する予定です!

2.会話のパターンを覚える + 単語をパターンに当てはめてみる

すみません。
こちらは私も考え中&試行錯誤中です。

Fun Frenchと並行して娘はフランス語習得のためにGus on the Goというアプリをしてもらいました。
うさぎとカメや、三匹の子ブタなどの有名なお話をもとにフレーズを習得するというものです。
これはとてもよかったのですが、4つほどのストーリーで終わってしまいました。
これからコンテンツが増えることを願います。

本当は会話のパターンを無限に練習させてあげるのがいいのはわかっているのですが、
私が全然フランス語ができないことで、フランス語のコンテンツを探すことも難しく…
方法を模索中です。

その後は、英会話教室・オンライン英会話で実践してみる

基本的な単語を一通り勉強した後は、実際に講師と英語でしゃべってみましょう!

単語を習得した後であれば、外国人講師との英会話のレッスンでも伝えられることも多くなりますし
全く何もわからない状態から始めるより効率がいいと思います。
英会話教室では、子供向けに独自の教材やコースがありますので、それに従って学習を続けることが良いと思います。

英会話教室もいいですが、オンライン英会話なら…

オンライン英会話は英会話教室と比べて
  • 圧倒的に価格が安い
  • 送迎不要
  • 24時間、好きな時間・隙間時間にレッスンできる
  • 自分に合う講師を選べる
  • マンツーマンレッスン
  • レッスン回数を増やせる

最近はキッズに特化した会社も多くでてきたため、各社子供向けの教材の充実・子供の興味を引く授業に力を入れています

昔だったら英語でしゃべるのは英会話教室くらいしか手段がなかったのに
週1回なら月5000円以下・毎日レッスンでも1万円程度でいつでも英会話練習できるなんて便利な時代になったなぁと思います。

オンライン英会話を、子供が受けるならという目線でレビューしました。動画あり

英会話教室は必須?

英会話教室をおすすめしましたが、
実は私は英会話教室はやりたくないならやらなくてもいいんじゃないかと思います。
(小学校ではオンライン英会話をしていないと困る、というレベルまでいかないんじゃないかなと思うので)

・親が子供にどのくらいの英語レベルを求めるか
・英語以外の習い事との兼ね合い
・本人のやる気

この3つを考えて決めたらいいと思います。

これをやったら微妙かも? → いきなり、英語環境に放り込む。

親の駐在で海外に行く場合はこの方法をとらざるを得ないことも多いと思います。
スパルタです。子供のストレスがすさまじいです。

私事で申し訳ないですが、私が高校生で米国留学した時のことです。
英語がそこそこ得意&自分の意志の留学、だったにも関わらず、
初日は全く言っていることがわからず、ぼうっと先生の顔を眺めていました。
宿題が出されていたことも気が付きませんでした。
英語ができないことが辛かったのか、ホームシックかわかりませんが、毎晩泣いていました。
一緒に留学した子たちの中では、一年耐え切れず帰国してしまう子もいました。

こういう経験をして英語がトラウマになる可能性が、私は怖いです。

よっぽど社交スキルの高い子供(大人)だったら大丈夫です。
英語が喋れないのに、なんで?と思うほど周りと打ち解ける人、いますよね。
言語を超えたコミュニケーション能力を持つ人はどんどんいい環境に入れてあげたらいいと思います!

お仕事の駐在などやむを得ない場合を除いて、
避けられるのであれば避けたほうがいいと思います。

ヒント:英語を学ぶ必要性を子供に感じさせること

親が英語の教室に通いなさい!この問題集をしなさい!

そんなことを言わなくても、子供が自ら英語がやりたいと思わせるにはどうしたらいいでしょうか。

英語を学ぶ必要性を感じてもらう

これが必要です。

子供が学ぶ必要がないと思っていることを、学ばせるのは大変です。

小学生にもなると子供の性格もあるし…難しいですよね。

小学生からのおうち英語の始め方 まとめ

小学生が自ら楽しく身に着けてくれる方法はないか、と考え記事にしてみました。

英会話を習得するには

1.基本的な単語を習得

2.会話のパターンを覚える + Step1で覚えた単語をパターンに当てはめて使ってみる

この2つからはじめてみましょう。

子供は大人が知っているような英単語を知らないことが多いので、
本当に簡単な単語から耳になじませていく必要があります。
私が見つけたStudyCatというアプリは、ゲームで遊ぶときに英単語を繰り返し言ってくれるので
必要な基本的な英単語の習得に役に立ちます。

単語を覚えたら、会話のパターンに応用していくわけですが、
小学生が楽しく会話の練習ができる方法を模索中です。
何かいい方法をご存じでしたらTwitterで教えてもらえると飛んで喜びます

オンライン英会話を活用するのは、おうち英語の有力なやり方の一つだと思います。
基本的な単語がわかった後であれば、外国人講師との英会話のレッスンでも伝えられることも多くなりますし
全く何もわからない状態から始めるより効率がいいと思います。
オンライン英会話では、子供向けに独自の教材やコースがありますので、それに従って学習を続けるのもおすすめです。

私もまだまだ試行錯誤中ですが、
いい!と思った方法があったらシェアしますね

URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる