【子供タイプ別】小学校で英語が始まる前に英語を学ぼう

こんな悩みにお答えします。

  • 学校で英語の授業がはじまるから英語を習わせたいけど、どうやって…?
  • 英語の習い事を嫌がっている
  • おうち英語に取り組んできたけど小学生以降進め方に悩んでいる

小学校から英語が始まって焦っていませんか?
英語は小さい時から取り組んでいる家庭と、そうでない家庭とで差がありますよね。

ニッキー

ニッキーは子供が英語嫌いにならないために、
おうちでも英語に親しむことをおすすめします

とはいえ、小学校から英語をはじめるならではの難しさもあると思います。
子供のタイプ別の取り組むヒントを考えてみたいと思います。

お知らせ

この記事では取り組み方のヒントで詳細は別記事でアップ予定です。

目次

新学習指導要領で小学生の英語教育はどうなる?

2020年度から全国の小学校で「新学習指導要領」が全面実施されました。

英語の学習開始学年が前倒しで、小学3年生から英語の授業が始まりました。
小学5年生からは英語が教科になり、成績もつくようになっています。

小学3・4年生「外国語活動の実施学年が前倒しに」

従来、小学5・6年生を対象に行われていた「外国語活動(英語)」の授業が前倒しとなり、小学3・4年生からスタートします。年間の時間数は35単位時間なので、週1コマ程度の授業が追加で実施されることになります。外国語活動の授業の目的は「英語に親しむ」ことで、英語での「聞く」「話す(やり取り)」「話す(発表)」の2技能3領域*におけるコミュニケーションが中心です。外国語活動は「教科」ではないため、成績はつかず、検定教科書も存在しません

小学5・6年生「教科としての英語がスタート」

「教科」として「英語」の授業が始まります。年間70単位時間の授業となり、実施頻度は週2コマ程度です。

授業内容が4技能5領域化され、「聞く」「話す(やり取り)」「話す(発表)」に「読む」「書く」が加わり、さらに、中学校以降で学習する英語と連続性を持ったカリキュラムが組まれます。

外国語活動と異なり、教科としての英語には成績がつき、授業では検定教科書が使用されます。語彙の習得数に目標が設けられ、小学校を通じて600~700語程度(現行の中学校の目標語彙数1200語の約半分)の習得を目指します。文法は疑問詞、代名詞、動名詞、助動詞、動詞の過去形などを使った基本的な表現を学び、これらは現行の中1生の学習内容を多く含んでいます。

引用:【英語4技能】2020年教育改革で「英語」はこう変わる!現在の小・中学生が知っておきたいポイントを整理 — SAPIX中学部 公式サイト

英語を習ってる子供と、そうでない子供の差が大きい

英語の習い事をしていた子供と、何もしてこなかった子供では、スタートラインが全然違います。
特に最初は、英語を習ったがない子は右も左もわからないという状態となると思います。

私は何もしてこなかった子供が絶対に英語が不利になる、という風には思いません
小学校の英語は四技能のうち、「聞く」「話す(やり取り)」「話す(発表)」の2技能3領域におけるコミュニケーションが中心です。
読み書きでは今までの中学1年生レベルをカバーする、とのことですので文法的に高いレベルのことをしようとしているわけではありません。
ですので、子供がついていけなくても家庭で対策することで
比較的簡単に学校の求めるレベルには達することができるのではないかと思います。

ただ、学校で英語がはじまってからだと、
「子供は周りの子はわかっているみたいだけど、私は全然わからない」
という差を感じると思うのです。

その結果、劣等感で英語自体を「私は英語が苦手、できない」と拒否してしまう 

これが一番危惧する事態だと思います。

とはいえ、小学生から英語をはじめるハードルがある

上で述べたように、周りと比べて自分ができない→英語は嫌いとならないように
私は、小学校で英語が始まる3年生の前から英語を始めたほうがいいと考えています。

ですが、小学校から英語を始めるには、いくつかハードルがあると感じています。

  1. 英語をしゃべるのに、恥ずかしさがある
  2. 本人のやりたい、やりたくないという意思がはっきりしている

小さい頃は、親が主導で習い事に連れて行くということもできたと思いますが、
小学生になるとそうもいかないですよね。

小学生くん

そんなのやりたくない。なんで英語なんて習わないといけないの?

そう聞かれて、

ママ

やっておかないと後で困るわよ!

それで子供は納得して英語に取り組んでくれるでしょうか。

英語を学びたいと思わせるには、英語を学ぶ必要性を子供に感じさせること

子供にとって学ぶ必要がないと思っていることを、学ばせるのは大変です。

学校の勉強はどうでしょう。
子供にとって学校の勉強はする必要を感じるでしょうか? というと YESです。
学校は毎日いくところ。勉強というのは学校生活の大部分を占める、= 学ぶ必要がある、です。
もちろん、勉強ができないと、いい学校にいけない&いい仕事に就けない、という大人の考えに近い子もいるでしょう。
ですが、大多数の小学生は、学校の勉強を頑張らないと、授業についていけなくなる、テストでいい点がとれなくなる、友達に悪い点を見られるのは恥ずかしい、そんな理由が大きいのではないでしょうか。
それも小学生にとってみれば、十分学ぶ必要があり、勉強をするモチベーションにつながるということです。

では、英語はどうでしょう。もし、学校で英語の授業が始まっていたら、子供は学ぶ必要を感じるかもしれません。
もし学校で英語が始まっていなければ、英語をしゃべる人がいなければ、子供はそこまで英語を学ぶ必要を感じられません。

親が意識的にサポートしないといけない部分は、この必要性を感じさせること、だと思います。

英語が使われているということを実感させてあげるだけでもいいです。
海外旅行にいって、子供にとって楽しい経験をしたとき、英語ができたらもっと楽しいなと思ってくれるでしょう。
「世界にはこんな場所、こんなことがあって、英語が話せると~」そういうお話をしてあげることでもいいと思います。

小学生にもなると子供の性格や嗜好が様々です。
そこで、子供のタイプ別に英語が学びたくなる、はまる3パターンというのを紹介します。

タイプ別 子供が英語を学びたくなる方法 

親が英語の教室に通いなさい!この問題集をしなさい!

そんなことを言わなくても、子供が自ら英語がやりたいと思わせるにはどうしたらいいでしょうか。

子供がどこに英語を学ぶ必要性を感じるか、それは子供のタイプによっても違います。

  • 社交的な子供は、友達ともっとしゃべりたい、と思うでしょう
  • 知的好奇心が旺盛な子は、興味のあることの英語のコンテンツをもっと理解したいと思うでしょう
  • 遊びたい、ゲームが好きな子はゲームなら世界のプロゲーマーのゲームの攻略方法を見たい!と思うでしょう

英語を学ぶ必要性、とまではいかなくとも、英語を学ぶことで自分にメリットがあるんだな
ということを知っているか知らないかで、子供の英語へのモチベーションは多少なりとも変わってきます

言語能力が高いタイプ

大人と同じく、こういう法則なんだよ、と教えたほうが伸びるタイプ。

小学校のうちは大人のように文法を教えることは、学校ではあまりないと思いますが、
このタイプは読み書きを早く覚えて、本などでぐんぐん英語を吸収していく子もいるので教えてみてもいいでしょう。

どんどんわかっていくことに喜びを覚えるので、レベルにあった教材を用意すると進歩が実感できます。
ある程度のハードル(英検Jr.、英検など)を用意してあげて、褒めると伸びます。

楽しいこと大好きタイプ

ゲーム、歌など楽しいことを積極的に取り入れる。

例えば、洋楽(今はやりのBTSなんかでも)のかっこいいPVを見せる、ピアノをやっている子だったらYoutubeで海外で同じくらいの子がピアノを弾いてる動画を見せたりなんかすると、興味が湧くでしょう。

私の知り合いの子供はニンテンドースイッチを英語で遊ぶことを条件に解禁され、英語で遊んでいます。
(親によると英語の読みが上達したそうです)

社交的タイプ

誰かと話したり、お友達になったりするのが好き、というタイプ。

(オンライン)英会話教室でもこの先生が好き、この先生ともっと話したいから英語頑張りたい!と思います。
先生より同学年の子と仲良くというのであれば、オンライン英会話でもグループ英会話のあるものを選ぶといいかもしれません。

英会話教室を仲の良いお友達と一緒にはじめるでもOK。
(切磋琢磨できるかもしれない反面、習熟度などによって将来もめることもあるかもしれない??)

小学生から英語を始める まとめ

小学校5年生から英語が教科として、成績がつくようになります。

英語は幼少期から習い事をしていた子と、何もしてこなかった子の差が顕著に現れます。

それが、将来の英語の能力に決定的な差を生むとは考えませんが、

英語ができない、と思い込んでしまうリスクを避けるために、おうちで英語に取り組むことをお勧めします

小学生から英語を始めるには、本人に英語を学ぶ必要を感じてもらう必要があります。

子供のタイプ別 英語学習へのモチベーションの上げ方

  • 言語能力が高いタイプ -文法を教えてもOK。英検などのハードルも効果的
  • 楽しいこと、ゲームが好き -好きなゲームを英語でやってみる、流行りの英語の歌を取り入れるなど。
  • 社交的なタイプ -お友達と一緒に英会話教室。オンラインのグループ英会話など。

タイプごとに、取り組みを変えて、自ら英語を学びたい!と思える環境を作ってあげましょう。

最後に:ニッキーはどうやって子供に必要性を感じさせることにしたか

こんな偉そうに書いてますが、私自身の取り組みはそんなに自慢できることはありません。
ただ、子供にとって必要性がないと子供は学ばない。ということを英語だけでなく何かにつけて意識しています

できる親子は、子供と二人三脚で英語に取り組む!子供に四の五の言わせずに英語学習を習慣化する!
そういうことでいいと思うんです。それも子どもにとって英語を学ぶ理由になっていますから。

わたしみたいにズボラで継続することが難しい人は、
「さぁ、英語を勉強する時間だよ」と子供に英語を継続させるのは挫折することが目に見えていました。

じゃぁ、どうしたか。
ニッキーの場合は、英語に力を入れている学校に入れることを選択しました。
(万人が採用できる選択肢ではないので、あまり参考にならなくてすみません)
親が働きかけなくても、子どもは英語の必要性を感じて日々頑張っています。
私が英語のサポートをするにしても、子供は既に英語の必要性を感じているのでスムーズに進んでいます。

URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる