【企画・感謝砲】TwitterでRTしてくれた人のリストを簡単に取得する方法

  • TwitterでRTしてくれた人を一覧で取得したい!
  • RTしてくれた人のIDを一人ずつコピーするの大変…
  • とはいえ、有料ツールには課金したくない

こんな方に、役に立つ記事となっています。

前提として

  • PCで作業できる環境
  • 無料ソフト(Adobe Acrobat Reader)のインストール
  • 3000RTが上限

となっておりますので、ご承知おきください。

また、引用RTはリストに抽出できない、カウントされないので注意してください
また鍵アカの人も抽出できないかも・・?すみません、そこは検証していません。
私は、引用RTは後述の方法で手作業でコピペしました。

目次

このやり方を発見した経緯

Twitterで初企画をしました。

想定以上にたくさんの反響をいただき、50人以上の方にRTしていただきました
企画の記事を作成した後、「記事ができましたよ」というお知らせもかねて、参加者の方のみなさんにメンションする予定でした。

Twitterには感謝砲と言って、同じようなことをしている方を知っていたので、やり方を検索してみました。
「Twitter 感謝砲 やり方」の上位5つくらいの記事をざっと見ましたが、
みなさんRTしてくださってる方のIDを手動でコピペ、とのこと。

うそーーーーーん!
50以上もコピペ…面倒くさすぎる…!

ちなみに「RT Twitter 企画」で検索するとこんなに広告がでてきます。

「RT Twitter 企画」で検索するとこんなに広告が…

どの広告のサービスも料金は「お問い合わせ」となっていて書いてありません。
恐らく大手企業がTwitterやSNSでキャンペーンをするときに使用するツールなんでしょう。
それはそれで、いいと思いますよ。大手企業は抽選など公正を期す必要がありますしね。

でも、個人はそこまで気にしなくていいと思うし、なによりお金かけたくないです。よね?!

RTしてくれた人のリストをゲットする手順

では、早速私が実行した手順を教えます。

Pickawに登録

海外のサービスで、SNSのキャンペーン抽選ツールです。
有料版もありますが、無料でもかなりの機能が使えます
日本語はなく英語のみですが、使い方は簡単です。大丈夫!

Pickaw は こちら

Pickaw 無料版 でできること
  1. キャンペーンごとに3000人までの応募者の取得
  2. BOTフィルター
  3. 抽選機能(当選者10人まで)
  4. 抽選の検証
  5. データの保存は六カ月

*今回、抽選機能は解説しません。

私はTwitterのアカウントでサインアップしました
サービス内容をブラウザで日本語翻訳してみました。

企画のツイートを読み込んでリストを獲得

ブラウザでTwitterにログインし、自分の企画のツイートを表示し、そのURLをコピーします。
それをPickawに入力すると、それだけでRTしてくれた人のリストが表示されます!

参加条件(フォロバされているか)を満たしているかも確認できる

企画の参加条件に、RT以外にアカウントのフォロー(複数アカウントもOK)を指定している人
ContestのSettingから条件を変更することで、参加条件を満たした人のリストが表示されます

リストをPDFとして印刷

Pickawここまでは神なんですが。
この応募者のリストがエクスポートできないんですよ。
Downloadボタンがありますが、クリックするとエクスポートするには
月499ユーロのサブスクリプションが必要です、と言われます。
高すぎ。。

ということで、ひと手間かかりますが、このリストをコピペする方法を教えます!

まずはこの応募者が表示されたページをPDFとして印刷します
必ず!Microsoft Print to PDFではなく、「PDFに保存」を選択してください。

PDFをAcrobat Readerで読む

ChromeやEdgeなどのブラウザでPDFは読み込むことができますが、
今回の技はAcrobat Reader(無料版でOK)じゃないとできないです。
Acrobat Readerは何かと優秀なので、ダウンロードしておいて損はないと思いますよ。

↓こちらでダウンロードどうぞ

【無料】Adobe Acrobat Reader をダウンロード | Adobe Acrobat

Acrobat Readerで先ほどの印刷で作成したPDFを読み込みます。

ALT+コピーで表の一部を縦にコピーできるなんて知らなかった!
これは仕事でもかなり役にたっています。

注意

この縦のコピペは1ページごとしかできません。
2ページ目、3ページ目はまたALT+コピー、貼り付けする必要があります。

ですが、一回のコピペで20人分名前とIDがとれちゃうので、100人でも5回のコピペで取得が終了します!!

Excel,メモ帳に貼り付け

コピー出来たら、あとは貼り付けるだけです。

もし、IDだけが必要で、Twitter表示名が必要ないなら、
ExcelやGoogleスプレッドシートにコピーして「@」でフィルターをかけてもいいですし、
2行目だけ取り出す、というやり方をしてもいいでしょう。

感謝砲発射

あとは、こんな感じで文字制限数を調整しながらコピペして、ツイートするだけです。

引用RTしてくれたひとはどうする?

引用RTしてくれた人はPickawのリストにはでてこないので、
現状、Twitterのここで確認して、手作業でコピペするしかないのかなと思います
もし、無料のツールや他のやり方をご存じの方、教えていただけると嬉しいです。

個人的には引用RTのほうが、RTしてくれた人の意見も聞けて嬉しいんですが…。企画でRTのみ!となっているところが多いのは、抽選ツールで把握できないことがあるからなんでしょうね。

最後に必ず確認しよう

紹介したPickaw、有料版は企業でも使われているほど有用なツールですが、
最後にWeb版のTwitterで該当ツイートのリツイート件数と合うか確認してみましょう

せっかくの企画に参加してくれた人に抜けがあったら、残念ですからね。

TwitterでRTしてくれた人のリストを簡単に取得する方法 まとめ

Twitterの企画などで、RTしてくれた人のリストを取得する方法をお伝えしました。

  • Pickawに無料登録
  • Pickawに該当ツイートを読み込む
  • リストをPDFに印刷
  • PDFのコピー(Alt選択)貼り付け

この4ステップだけでいいので、とっても簡単ですね。

Pickawの無料版は3000RTまでという制限はありますが、個人であれば、
この上限に達することはないんじゃないでしょうか。

お金くばったりしたら、すぐ上限こえちゃうかな?

URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる